GMOペイメントゲートウェイのファクタリング評判は?ECサイトやネット事業者に向けサービス

GMOペイメントゲートウェイ ファクタリング会社イメージ ファクタリング会社

GMOペイメントゲートウェイ株式会社は、GMOインターネット会社の主要グループ会社の1つです。

EC事業者を中心に決済事業のサービスを行っていく上で、早期資金化の「GMO BtoB早払い」と売掛金の未回収をを保証する「GMO BtoB売掛保証」を2018年5月に開始。

ファクタリング事業を専門には行っていませんが、数少ないファクタリングを行う大手企業の1社です

スポンサーリンク

上場企業GMOペイメントゲートウェイの3拠点とアクセス方法

 

GMOペイメントゲートウェイ株式会社  会社概要
運営会社 GMOペイメントゲートウェイ株式会社
英語表記 : GMO Payment Gateway, Inc.
短縮表記 : GMO-PG
所在地 東京本社
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-14-6
ヒューマックス渋谷ビル(受付7階)
大阪営業所
〒530-0011
大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 23階
九州営業所
〒810-0001
福岡市中央区天神3-4-7 天神旭ビル 5階
アクセス 東京本社
・京王井の頭線 渋谷駅/西口より徒歩2分
・東京メトロ副都心線 渋谷駅/8番出口より徒歩5分
大阪営業所
・JR 大阪駅 徒歩5分
・大阪メトロ・阪急線 梅田駅 徒歩5分
九州営業所
・西鉄大牟田線 徒歩7分
・地下鉄空港線 徒歩3分
代 表 取締役社長 相浦 一成
設 立 平成7年3月
資本金 47億12百万円
取引内容 ・企業間決済支援業務
・ファクタリング・手形買取・在庫買取
・財務コンサルティング事業
・中小企業資金繰り支援事業
・海外企業情報リサーチサービス
営業時間 9:00~18:00 土日祝定休
地図
国税庁 法人番号公表 GMOペイメントゲートウェイ株式会社
検索結果一覧 法人番号 6011001005411
引用元:国税庁―法人番号公表サイト

GMOペイメントゲートウェイ株式会社は、東証一部(証券コード3769)の上場会社です。

GMOインターネット会社の主要グループ会社として、主に国内外の決済サービス、資金面のサポート、マーケティング支援提案からセキュリティまでサービス内容は多岐に渡ります。

主にインフラサービスを提供していますが、2019年3月時点で導入件数は1000万件を超えています。

内、自治体・公共機関向けの決済サービスは13.3万件を突破、年間の決済流通金額は2兆円をこえています。

急ぎの資金調達サービスとして、ファクタリング事業と別に、スピード融資(GMO-PGトランザクションレンディング)を金利2.0%~15%で自社で取り扱っています。

GMOペイメントゲートウェイが得意な業種と仕組み

【表】
業種 ECサイト・ネット事業
属性 法人(BtoB)のみの取り扱い
日数 審査終了から2営業日
エリア 全国
スポット債権買取額:300万円~1億円
継続タイプ債権買取額:(2回以上の利用)100万円~1億円

ネットショップや小売業に対する決済業務の延長で、売掛金を早期に資金化できるサービスを2018年5月にスタートさせました。

大阪、福岡の3都市を拠点とし、対象エリアは日本全国です。

スポットタイプと継続タイプで、債権の買取額が異なり手数料においても、それぞれ金利が異なってきます。

また、売掛金の未回収を保証する「GMO BtoB売掛保証」の提供も併せて開始。

契約までのやり取りは、メールや郵送でやり取りすることを基本としています。

GMOペイメントゲートウェイの問い合わせ方法や必要書類

問い合わせ方法

1.申し込み
電話
東京 03-3464-2323
大阪 06-7634-3070
福岡 09-2688-9018
メールフォーム 24時間
※電話査定も受付可能です
2.ヒアリング・審査
・売掛先の企業へ請求内容の確認
・必要書類の提出
3.見積金額の提示
・GMOペイメントゲートウェイ買取条件の提示
・承諾後に契約へ
4.契約の完了と・入金
・契約の完了
・買取金額の入金
5.取引先企業より請求金額の入金
・入金確認

見積もり・契約時に必要な書類

【決済金の見積もり算出に必要な書類】
・請求書
・入金が確認できる通帳
・身分証明書
【契約時に必要な書類】
・印鑑証明書
・請負契約書等
・印鑑(実印・みとめ印)
・決算書・確定申告書
上記は、最低限必要な書類と覚えておいてください。
・動産及び債権の譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律第8条,第9条,第10条
・動産・債権譲渡登記令第7条,第8条ほか
・動産・債権譲渡登記規則第9条ほか
引用元:法務省-債権譲渡登記の申請
対象は、支払期限が180日以内の債権に限られます。
関連記事:ファクタリング(売掛債権譲渡契約)必要書類と債権譲渡登記の閲覧と手数料

GMOペイメントゲートウェイ債権買取の手数料はいくら?

3社間ファクタリングという事もあり、手数料は低めの

・スポット債権買取 手数料 1.5%~5.0%
・継続タイプ債権買取 手数料 1.0%~5.0%

また、東証一部上場という大手であることもあり、取引するにあたっての安心感・信頼感は高いものと言えます。

売掛債権を譲渡してから、最短2営業日で入金が可能な為、大手企業内での比較で言えば、時間をかけず取引することが可能です。

医療・介護報酬・その他業種の早払いファクタリングサービスは、「GMOイプシロン」で行っています。
同じグループ会社ですが、会社が異なりますので問合せ窓口から、営業時間・手数料・日数等・条件は全て異なります。

GMOイプシロンのファクタリング評判は?最安値の手数料とは?
GMOイプシロン株式会社は、GMOインターネット会社グループ会社です。 大手企業でありながら、2社間ファクタリングを主に取り扱い登記などの手続きも不要で行う事ができ、医療・介護早払いサービスでは最高0.8%手数料で取引を可能。 資金調達まで、面談の必要がなく全てWEBでのやり取りで完結するのが特徴です。

GMOペイメントゲートウェイ評判がないので調査しました

会社は設立から23年と長い経営を行っていますが、ファクタリング事業においては、まだ1年と少しの時間しか経過していない為、評判・口コミはありません。

 

上場企業GMOペイメントゲートウェイのデメリットは?まとめ

【表(最高★★★★★で評価)】
歴史 ★
業種 ★
対応エリア ★★★★★
対応のスピード・日数 ★★★
サービス内容 ★★★

GMOペイメントゲートウェイのメリットは、

・全国対応
・3社ファクタリングにて手数料が低い
・大手企業の割に早めの資金調達が可能
・安心感と信用力
・償還請求権がない(ノンリコース)

上記に伴い、GMOペイメントゲートウェイのデメリットは

・即日対応は不可能
・2社間ファクタリングの利用ができない為、取引企業に債権譲渡の事実が解る
特に、ECサイト経営・ネットショップを取り扱う会社にとっては、トータル的なサービスの提案もできる強みがあります。
ファクタリング事業という部分に重きを置くのであれば、専門業者に比べてサービス内容は劣ります。
タイトルとURLをコピーしました