GMOペイメントゲートウェイのファクタリング評判は?ECサイトやネット向きのサービス内容

3.5
GMOペイメントゲートウェイ ファクタリング会社イメージ ファクタリング会社

GMOペイメントゲートウェイ株式会社は、GMOインターネットの主要グループ企業の1社です。

EC事業者を中心に決済事業のサービスを行っていく上で、早期資金化の「GMO BtoB早払い」と売掛金の未回収をを保証する「GMO BtoB売掛保証」を2018年5月に開始。数少ないファクタリングを行う大手企業です

スポンサーリンク

上場企業GMOペイメントゲートウェイ【東京】【大阪】【福岡】へのアクセス方法

GMOペイメントゲートウェイは、東京に本社を構え大阪・福岡の3拠点、日本全国を対象エリアとし事業を行っています。

まさみ調査員
まさみ調査員

GMOペイメントゲートウェイ東京受付は7階ですお間違いなくっ

GMOペイメントウェイ東京本社外観

GMOペイメントウェイ東京本社外観

GMOペイメントゲートウェイの会社概要
運営会社 GMOペイメントゲートウェイ株式会社
英語表記 : GMO Payment Gateway, Inc.
短縮表記 : GMO-PG
東京本社
所在地
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-14-6
ヒューマックス渋谷ビル(受付7階)
アクセス ・京王井の頭線 渋谷駅/西口より徒歩2分
・東京メトロ副都心線 渋谷駅/8番出口より徒歩5分
代表 取締役社長 相浦 一成
設立 平成7年3月
資本金 47億12百万円
取引内容 企業間決済支援業務
ファクタリング・手形買取・在庫買取
財務コンサルティング事業
中小企業資金繰り支援事業
海外企業情報リサーチサービス
営業時間 9:00~18:00 土日祝定休
地図
国税庁 法人番号公表 GMOペイメントゲートウェイ株式会社
検索結果一覧 法人番号 6011001005411
引用元:国税庁―法人番号公表サイト

GMOペイメントゲートウェイ株式会社は、東証一部(証券コード3769)の上場企業です。

GMOインターネットの主要グループ会社として、主に国内外の決済サービス、資金面のサポート、マーケティング支援提案からセキュリティまでサービス内容は多岐に渡ります。

主にインフラサービスを提供していますが、2019年3月時点で導入件数は1000万件を超え、その内自治体・公共機関向けの決済サービスは13.3万件を突破、年間の決済流通金額は2兆円超えです。

まさみ調査員
まさみ調査員

大阪営業所はグランフロント大阪タワーB 23階ですよっ!お間違いなくっ

GMOペイメントウェイ大阪営業所外観

GMOペイメントウェイ大阪営業所外観

GMOペイメントゲートウェイ大阪営業所
所在地 〒530-0011
大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪タワーB 23階
アクセス JR大阪駅 徒歩5分
大阪メトロ・阪急線梅田駅 徒歩5分
地図
まさみ調査員
まさみ調査員

福岡営業所は1階の証券会社が目印のビル。入口左側です

GMOペイメントウェイ福岡営業所外観

GMOペイメントウェイ福岡営業所外観

GMOペイメントゲートウェイ九州営業所
所在地 〒810-0001
福岡市中央区天神3-4-7
天神旭ビル 5階
アクセス 西鉄大牟田線 徒歩7分
地下鉄空港線 徒歩3分
地図

GMOペイメントゲートウェイのBtoB早払いとは?

BtoB早払いとは、GMOペイメントゲートウェイで行われるファクタリングサービスを言います。BtoB、つまり法人(Business)と法人(Business)同士のファクタリング契約をすることにより、売掛金・未払い金(未回収金)を早めに現金化(払い)するサービスです。

GMOペイメントウェイBtoB早払い図説

GMOペイメントゲートウェイのBtoB早払い特徴まとめ
業種 ECサイト・ネット事業
属性 法人(BtoB)のみの取り扱い
対応日数スピード 審査終了から2営業日
エリア  日本全国
債権買取額 スポット:300万円~1億円
継続タイプ:(2回以上の利用)100万円~1億円

ネットショップや小売業に対する決済業務の延長で、売掛金を早期に資金化できるサービスを2018年5月にスタートさせました。

利用対象者は法人のみ。取引企業に知られず取引できる2社間ファクタリングも行っています。

審査期間として2営業日、契約から最短2営業日で入金が可能な為、大手企業内での比較で言えば、時間をかけず取引することが可能です。

スポットタイプと継続タイプで、債権の買取額が異なり手数料においても、それぞれ金利が異なってきます。

また、売掛金の未回収を保証する「GMO BtoB売掛保証」の提供も併せて開始。

契約までのやり取りは、メールや郵送でやり取りすることを基本としています。

GMOペイメントゲートウェイの問い合わせ方法や必要書類

東証一部上場企業のファクタリング事業ではありますが、必要書類が少ないく、通常2週間程度かかる時間も、問合せから決済までは約4営業日と短い時間で現金化することができます。

問い合わせ方法

1.申し込み
電話
東京 03-3464-2323
大阪 06-7634-3070
福岡 09-2688-9018
メールフォーム 24時間
※電話査定も受付可能です
案内↓下
2.ヒアリング・審査
・売掛先の企業へ請求内容の確認
・必要書類の提出
案内↓下
3.見積金額の提示
・GMOペイメントゲートウェイ買取条件の提示
・承諾後に契約へ
案内↓下
4.契約の完了と・入金
・契約の完了
・買取金額の入金
案内↓下
5.取引先企業より請求金額の入金
・入金確認

見積もり・契約時に必要な書類

【債権売却の見積に必要な書類】
・請求書
・入金が確認できる通帳
・身分証明書
【契約時に必要な書類】
・印鑑証明書
・請負契約書等
・印鑑(実印・みとめ印)
・決算書・確定申告書
対象は、支払期限が180日以内の債権に限られます。

GMOペイメントゲートウェイ債権買取の手数料はいくら?

ファクタリング担当者
ファクタリング担当者

初回手数料は、最安でも1.5%~となります

まさみ調査員
まさみ調査員

この資金調達スピードで手数料も安い!

・スポット債権買取 手数料 1.5%~5.0%
・継続タイプ債権買取 手数料 1.0%~5.0%

また、東証一部上場という大手であることもあり、取引するにあたっての安心感・信頼感は高いものと言えます。

 

GMOペイメントゲートウェイの評判は?貸金業?イプシロンとの違いは?

会社は設立から23年と長い経営を行っていますが、ファクタリング事業においては、まだ1年と少しの時間しか経過していない為、評判・口コミはありません。

まさみ調査員
まさみ調査員

GMOイプシロンさんでもファクタリングサービスされてますよね?何が違うんですが?

ファクタリング担当者
ファクタリング担当者

サービスは大きく変わりません。GMOペイメントゲートウェイより少額な債権の買取医療・介護報酬に特化しています。

同じグループ会社ですが、会社が異なりますので問合せ窓口から、営業時間・手数料・日数等・条件は全て異なります。

GMOイプシロンのファクタリング評判は?最安手数料とは?
GMOイプシロンは、GMOインターネット会社グループ企業です。 大手企業でありながら、2社間ファクタリングを主に取り扱い登記などの手続きも不要で行う事ができ、医療・介護早払いサービスでは最高0.8%手数料で取引を可能。 資金調達まで、面談の必要がなく全てWEBでのやり取りで完結するのが特徴です。

急ぎの資金調達サービスとして、ファクタリング事業と別に、スピード融資(GMO-PGトランザクションレンディング)を金利2.0%~15%で自社で取り扱っています。

但しPGの決済サービスをご利用の加盟店様に限ります。

まさみ調査員
まさみ調査員

ファクタリング業界では珍しい貸金業の登録済の企業です

登録貸金業者情報検索結果 「GMOペイメントゲートウェイ・電話番号」
東京都知事 (5) 第30802号

【まとめ】メリットデメリット|2020年電子請求書早払いスタート!

GMOペイメントウェイ電子債権取引コラムより

左から税理士の市川琢也氏、株式会社インフォマートの中島健、GMOペイメントゲートウェイ株式会社の小川康秀氏。

引用元:株式会社インフォマート電子債権取引コラムより

ファクタリングは、売掛の債権・給与・確定した報酬を先に現金化するという買取・保証を行うサービスです。ですので本来、貸金業の登録の必要はなく違法性はありません。

まさみ調査員
まさみ調査員

GMOペイメントゲートウェイのメリットは・・・

・全国対応
手数料が低い
・大手企業の割に早めの資金調達が可能
・安心感と信用力
まさみ調査員
まさみ調査員

デメリットは・・・

即日対応は不可
・少額(100万以下)の取引きができない
・法人企業のみの取引

特に、ECサイト経営・ネットショップを取り扱う会社にとっては、トータル的なサービスの提案も可能です。

また、新たにインフォマートが運営する「電子請求書早払い」が2020年の1月下旬を目安に開始されます。

GMOペイメントウェイ電子債権取引の仕組み図

2社間ファクタリングですので、取引先企業に債権売却の事実を知られる事なく、ファクタリング審査に必要な書類提出の手間がありません。

インフォマート運営「電子請求書早払い」サービス紹介動画

インフォマートが運営するBtoBプラットフォーム請求書等の管理をしながら、現金が必要な時に必要な分だけ現金化「早払い申請」をGMOペイメントゲートウェイに行う事により、私たち経営者の負担をより軽くするサービスと言えます。

 

GMOペイメントゲートウェイ 公式サイトはこちら 

タイトルとURLをコピーしました